完全無欠コーヒーならぬ完全無欠ハーブティーを試行錯誤中

健康にいい食品
スポンサー検索

「完全無欠コーヒー(バターコーヒー)」ってご存知でしょうか。

SNSやブログで「完全無欠コーヒー」がいい、という話を目にして、気になって調べてみました。

そこで、これは間食にピッタリだし、副腎疲労や低血糖症、カンジダなど私が悩んでいる症状にも良いかも!と思い、自分用にいろいろアレンジした内容をまとめてみようと思います。

ポイントは、

  • 腹持ちが良く
  • カンジダ菌対策にもなり
  • カフェイン・カゼインフリーで
  • 美味しくて
  • コストがかからなず
  • 簡単に作れる

ということ!

 

 

完全無欠コーヒー(バターコーヒー)とは

バターコーヒーとは、もともとはベストセーラ本の『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』で紹介されていたもの。

バターコーヒーを摂ることで「痩せる」「頭の回転が早くなる」「健康になる」といった効果があるのだそうです。

 

私はその本を読んでいないので詳しい内容はわかりませんが、見出しやレビューなどを見ると、「低炭水化物」「空腹になりにくい」というキーワードがありました。

ということは、要するに一食(朝食)ないし二食をバターコーヒーに置き換えるダイエット食なのだと勝手に理解しました(違ったらすみません)。

 

「低炭水化物」「空腹になりにくい」……これは低血糖症にも良いんじゃないだろうか?

 

さらにココナッツオイルも使えるようで、カンジダ菌の撃退にも良いかもと思いました。コーヒーをカフェインフリーのものに置き換えれば副腎疲労でも使えそう。

 

そんなことを考えながら試行錯誤して、自分用にカスタマイズしてみました。

 

 

完全無欠コーヒー(バターコーヒー)のレシピ

本来のバターコーヒーで使用するものは、以下の通りです。

  • コーヒー
  • グラスフェッドバター(無塩・オーガニックがベター)
  • MCTオイル
  • お湯

 

バターとオイル、どちらも良質な脂を摂ることで腹持ちが良く、カフェイン効果で頭もクリアになる、ということでこの材料なのだと思います。

 

グラスフェッドバターというのは、牧草だけを食べた牛の乳から摂れたバター。

普通のバターだと、牛たちは遺伝子組み換えや農薬を使ったエサを食べていることが多いので、なるべくならそういうのは避けたいよねという考えで、オーガニックのグラスフェッドバターがベストなのだそうです。

 

MCTオイルというのは、中鎖脂肪酸がココナッツオイルよりも豊富に含まれて、この中鎖脂肪酸はエネルギーに変わるのが早いのでダイエット等に向いているのだそうです。

 

と、本来のバターコーヒーはこんな感じなのですが、私がアレンジしたレシピは以下になります。

 

完全無欠ハーブティーの材料

  • カフェインレスハーブティー(カフェインレスのコーヒー)
  • ギー
  • ココナッツオイル
  • お湯
  • (気分によりヤギのミルク)

です。

完全無欠なんて仰々しいですが(^^;) 単なる「腹持ちがいいハーブティー」かも。。

 

私はコーヒーよりハーブティーが好きなのでハーブティーで代用しましたが、コーヒーがお好きな方はカフェインレスのコーヒーを選ばれると良いと思います。

 

グラスフェッドバターはギーで代用しました。

詳しくは以前記事に書いたのですが(こちら)、ひと言で言うとギーは【純度の高いバター】で、バターよりも中鎖脂肪酸が多く含まれているのでベターだとか。

 

というよりも私は、カンジダ菌やリーキーガットには乳製品は避けたほうがいいというので、乳たんぱく質が除去されているというギーを使っています(食べたくなったらチーズとかたまに食べますけどねw)

 

また、MCTオイルをココナッツオイルに代用したのは、カンジダなど悪い菌を除菌する成分は、ココナッツオイルのほうが含まれているらしいから。

 

さらに、ミルク風味を入れたいときは健康にいいというヤギのミルクを入れています。

ヤギのミルクにはビタミンAやらDやら栄養素が多く、乳製品の中でも中鎖脂肪酸が多く、カゼインが含まれていないのでアレルギーになりにくいのだそうです(ただし絶対にアレルギーを起こさないかというとそうでもないらしいのでご注意)。

 

カンジダにいいのか悪いのかはわかりませんが、私は今のところ美味しく飲んでいます。

ただしクセがあるので苦手な人もいるかも。ミルクセーキっぽくて私は好きなのですが。

 

参考)私が使っている材料

ちなみに、私が買っているモノを以下にご紹介します。

カフェインフリーのハーブティー

 

前者はコーヒー風のハーブティ。キャラメル風味でキャラメルラテを飲んでいるみたいでとても美味しいです。

ただ少しお高めなので、普段は後者のチャイティーを。

 

ほかにも、生理前にはYogi TeaのMoon Cycleしたり(PMSや下腹部痛が楽になる)、風邪っぽいときにはエキナセア入りのハーブティーにしたりしています。

 

ハーブティーはいろんな効果があるので良いのですが、味に好みがあるので、普段飲まない方やコーヒー党の方はダンデライオンやカフェインレスコーヒーのほうが無難かも……。

私もたまにカフェインレスコーヒーとヤギのミルクでカフェオレっぽくして飲んだりします。

 

ギー

私ははじめお試しで前者を購入しましたが、問題なさそうなので次回はコスパが良いオーガニックのほうを購入しようかな~と思います。

 

なんか面倒くさそうだから手っ取り早くバターコーヒーっぽいのを飲んでみたい、という方は、ココナッツオイルバター風味いうものを発見したので、コレで試されるのも良いかもしれませんね~

 

ココナッツオイル

ココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルを選んでください。圧搾方法によってココナッツオイルの成分が違うそうなので……。

 

私は最初はJarrowの小さいものを試してみて、お菓子作りや何やらにも使えるので後者の大きなボトルを購入しました(一生分ある気がする)

 

ただ、ココナッツオイルは25度以下で固まってしまうので、冬場は特にカチコチです。

そういうのが面倒だな~という方は、本来のMCTオイル(Nature’s Way MCTオイル(474 ml/1700円前後))のほうが手軽かも。

 

その他

ミルクっぽくしたいときにお好みでヤギのミルク(粉末)を入れています。

ただし前述のとおりクセがありますのでご注意を。逆にヤギのミルクがお好きな方はよいかも~。

 

やや溶けにくいのでダマになるのはたまにキズ。

 

他にはショウガパウダーシナモンパウダーを入れたりしています。

iHerbのものは安くて(一応)オーガニックなので愛用していますが、スーパーで売っているものでも良いかと思います。

 

 

完全無欠ハーブティーの作り方

ティーバッグにお湯を入れて材料を混ぜるだけなので、作り方というほどものもではありませんが、いくつかポイントを。

 

  • ギーやココナッツオイルは少なめから試す(特に胃腸が弱い方。多くても大さじ2杯程度にとどめたほうが無難)
  • 紅茶・コーヒーを抽出し(ティーバッグは取ること)、オイル類を入れたら、電動マドラーなどで撹拌すると◎。こうしたほうがエネルギーに変わりやすくなるのだそうです。

 

私は電動マドラーなんて高級なもの持っていないので、ダイソーで購入したミニ泡立て器を使っています(たしか150円だったかな)。正直ちゃちいですが、私にはこれで充分かと(^^;

 

ファミマのバターコーヒー

なんかめんどくさそう……だけど試してみたい、という方は、ファミマのバターコーヒーが良いかと思います。

もうすでに完成形として売っているスグレモノ。

素材もなんだか良さそうです。

私はまだ飲んでいないのですが、飲んでみて!とオススメした人いわく、「思ったより甘くなくて、腹持ちがいい」とのことでした。

 

ハーブティーの効果

今回のハーブティーに期待している効果は……

  • 腹持ちが良いので間食に良い
  • ココナッツオイルが入っているので、カンジダ菌にも良いかも
  • ハーブティーにいろんな効果があるので、その恩恵も受けられる

などです。

 

本のとおりにこちらを一食ないし二食置き換えられれば、断食ができるので、デトックスやカンジダ菌にも良いかと思います(食事を減らせばその分、カンジダにエサをやらなくて済む)。

さらに断食は、消化器をはじめ内蔵を休ませられるので良い、と栄養療法の医師が言っていました。

 

とはいえ低血糖症や副腎疲労があると、断食は辛いことと思います……。

私も一時期は空腹が怖かったです。

 

ただ、低血糖症だからと頻繁に食事をすることは私はちょっと疑問に思っていて(こちらの記事でも書いています)、胃腸が丈夫じゃない人は、食事回数は多くしないほうがいいんじゃないか……と思っています。

 

その点でも腹持ちが良いこの紅茶は良いかな~と。置き換え食とまではいかなくても、間食や間食のお供に良いかと思います。

なんか作り方や材料とかいろいろ書きましたが、私は「ハーブティーのティーバッグにギーとココナッツオイルを入れて混ぜるだけ」というゆるい感じで、毎日手軽に飲んでいます。

 

ココナッツオイルとギーを揃えるのが難しければ、どちらかだけでも良いかと。ぜひゆるっと試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました