逆流性食道炎の再発?と胃カメラ(内視鏡)検査

スポンサー検索

前回の記事にて、胃腸の調子が悪い~ということを書きましたが、少ししんどかったので消化器内科を受診しました。

すぐに胃カメラをしていただくことができ、その結果、

  • 軽度の食道裂孔ヘルニア→軽度の逆流性食道炎
  • 軽度の表層性胃炎

ということがわかりました。

今回は胃カメラをしてからその治療をするまでのことを記事にまとめました。

 

 

逆流性食道炎関連の記事は、以下でも書いています。

 

逆流性食道炎と胃炎の治療のために

そもそも私は逆流性食道炎になったことをきっかけに、その治療過程で今の体調不良につながっている気がしています(根本的なきっかけ~逆流性食道炎になったときのことという記事を昔に書いています)。

 

今回も制酸剤(タケプロン)を処方いただきましたが、処方箋、捨てました(・∀・)

 

だって、私の場合は消化不良・胃酸不足で逆流してしまっている感じがするので、制酸剤は逆効果だと思うのです……。

再三このブログでも書いていますが、内科の医師は制酸剤を安易に出しすぎだと思います(>_<)

 

栄養療法の医師も、制酸剤によって、食べ物を食べたときに消化できなくなる・悪い菌も殺せなくなる→カンジダやリーキーガットの原因になる、という懸念を指摘していました。

 

私も制酸剤と、さらにピルを長期服用していたことが、カンジダや副腎疲労の原因になっている気がしてなりません(というかそれ以外思いつかない……。

 

詳しくは、体調不良の原因を考えるいう記事に書いています)。

 

なので、薬は飲まずにサプリを摂ることにしました。飲んでいるのは、以下のサプリです。

 

消化酵素はもともと摂っていましたが、それ以下のサプリは追加して服用。

 

亜鉛カルノシンとDGLは、胃の粘膜を治す成分があり、胃部不快感、吐き気、胃炎、などに効果があるそうです。

ペパーミントはハーブの力でお腹の不快な症状を和らげるとか。

レビューを見ると、逆流性食道炎に効果がある~と書かれている方がいたので私も飲んでみることにしました。

 

今までも、亜鉛カルノシンは胃腸の不調が続いたときにたまに飲んでいたのですが、けっこう効いていた気がします(写真上)。

 

胃の粘膜を保護してくれる成分があり、たしかプロマックという薬(亜鉛)と同じ成分だと聞いたことがあります~

 

これらのサプリのおかげか、ほとんど食欲がなく食べられなかったのですが、徐々に食事も摂れるようになりました。

 

人生5度目の胃カメラ体験記

7年前、生まれてはじめて胃カメラを飲んでから、5度目の内視鏡検査です。

 

私、いずれも麻酔で眠って胃カメラをしています

そうじゃないと無理!ただでさえ胃部不快感や吐き気があるのに、たとえ鼻からでも無理です!!

 

鼻からは楽、オエッとしてしまうことはあまりない、と紹介されていますが、人によるみたいです。

友人の話を聞いたりブログを読んだりすると、「たとえ鼻からでもオエッとしてしまってしんどかった」という意見が多いように思います(´・ω・`)

 

というわけで、今回の5度目も麻酔で胃カメラしてくれる病院を探し、受診しました。

 

今回と前回までの胃カメラで違うのは、低血糖症状が不安であるということ。

前日の夜~朝まで絶食しなければならないので、低血糖によるフラフラや脱力感が心配でした。

 

ただ、以前よりも空腹時の低血糖症状はかなり改善されていたので、無事検査を終えることができました。近所でいい病院が見つかったのも助かりました。

(病院によっては、飴やジュースはOKということもあるので、低血糖症状が不安な方はご相談されるといいのかな~と思います)

 

胃カメラから終了までの流れは、下記のようなかたちでした。

  1. 朝イチに病院に行き、寝台で横になる
  2. 胃の中の泡?を消す薬を飲まされる(液体)
  3. 喉の麻酔を吹きかけられる(以前の病院では、液体を喉に溜めておく形式のところもありました)
  4. 麻酔の点滴を打たれる
  5. 一瞬で寝る
  6. 起きると胃カメラが終わっており、別室にてしばらく横になるよう言われる
  7. 麻酔を覚ます薬を打たれ、起き上がる
  8. 検査結果を聞く
  9. 会計、帰宅

 

とにかく麻酔後は一瞬で寝たので、起きたときには何もかも終わっていました。

あー、快適。

 

麻酔による胃カメラのデメリット

麻酔で眠って内視鏡検査をするデメリットは、ずばり「麻酔後はフラつくこと」です。

 

私は9時に麻酔をして、12時くらいには切れていましたが、人によっては1日中ぼーっとしてしまったり、眠気が取れなかったりするようです。

看護師さんに再三注意されました。今日は安静にしてくださいね、と。

 

なので、胃カメラ当日に、車やバイク、自転車などを運転しなければならない方・精密な作業をしなければならない方は、麻酔での胃カメラは避けないとダメなのかなと思います。

 

私は過去5回の胃カメラのときは、病院まで歩いて行けたor家族に送って行ってもらえたので大丈夫でした。2回ほど、電車とバスを使って通っていましたが、あの頃は元気だったから大丈夫だったな(´・ω・`)

 

胃カメラの後に、喉と胃が痛い……

だいたい胃カメラの後は、私は喉が痛くなります。

たぶん管を通してるから、胃や喉に多少違和感が残ったり、痛くなったりするんだろうな、と。

 

知恵袋とか調べても、同じような方がいらっしゃいました。

 

喉の痛みは当日、胃の痛みは翌日には消えましたが、胃カメラの後はなるべく消化に良いものを食べたほうがいいかと思います。絶食しているのでなおさら!

 

まとめ

私の場合は、食道裂孔ヘルニアがあるので逆流性食道炎になりやすいのだと思います。

ヘルニアを治すために、腹式呼吸がいいとか、横隔膜を鍛えるのがいいとか聞いたことがあるので、なるべく毎朝、横になって腹式呼吸してます^^;

 

せめて胃腸が丈夫だったら、副腎疲労もカンジダももっと早く良くなってるんだろうな~……。

もっとも、胃腸が丈夫じゃないから体調が悪くなってるんだと思いますが。

 

自分の臓器の中で一つだけ変えてもらえるのだとしたら、胃を取り替えてほしいです。食事制限とか一切なく、好きなもの食べたい。

 

ただ、なるべく対処療法の薬に頼らず、サプリや漢方で根本的に良くなっていく努力は続けたいな~と思います。

コメント

  1. 萌子 より:

    こんにちは☆
    またまたお邪魔致します。
    ちよこさんのブログ、本当に参考になります。
    私も臓器を一つ新しく出来るなら絶対に胃がいいです!(本当は腸も取り変えたい笑)
    胃が弱いせいで好きなものを食べられないって、かなりストレスですよね。
    ところで胃カメラ本当にお疲れ様でした。
    その後、胃腸の調子は如何でしょうか・・
    自分もヘルニアのせいでタケプロンが欠かせません。
    胃がもたれることが多いのでお粥やシチュー(アレルギーフリーの素を使ってます)ばかりで飽きてきました笑
    また最近は1日2回、ヨガの肩立ちのポーズをしたり、しばらく休んでいた気功を再開しました。
    気功に関しては、冷えに効果がある気がします☆

    話は変わりますが、先日テレビでマツコ・デラックスさんと福山政治さんが出ていた時に、二人とも逆流性を持っているそうで、マツコさんは寝る前に薬を飲んでいて、福山さんも脂っぽいものは食べられないと言っていましたよ。
    逆流性って体型はあまり関係ないのかなぁ、なんてぼんやり思ってしまいました。
    それにしてもマツコさんは何故あの体型でも胃がおかしくならないのか不思議です・・

    本当にお互い健康になりたいですね。
    週末から一段と寒さが増すようですし、どうかご自愛下さいね☆
    これからもブログ楽しみにしています♪
    ありがとうございました。

    • ちよこ より:

      萌子さん

      こんにちは(^^)
      最近は日記的な内容になってきて恐縮ですが……読んでくださってありがとうございます。
      先ほど新しい記事をUPしたのですが、胃の調子はだいぶ戻ってきました!
      新しい記事に書いたのですが、ヘルニアの改善方法が載っている雑誌があったので、萌子さんもよろしければご覧になってみてください(*^^*)
      新しい雑誌なので、本屋さんで立ち読みができるかもw
      ヘルニアでも症状が出ない人もいると言いますし、自律神経とかもかかわっているのかな~?という気がしてきました。
      ヨガとか気功、良さそうですよね!

      マツコさんは体型からわかるのですが^^; 福山さんも逆食なのですか!知りませんでした。
      芸能人の方は番組や付き合いで飲み食いしなきゃならない場面があるから、大変そうですよね。とくにマツコさん……。
      さまぁ~ずの大竹さんも逆食で、夜中何度も吐いていた、という話を聞いたことがあります。
      でも番組では普通に飲食しているのですよね……ガマンしているのかな……。

      本当に寒くなってきましたが、萌子さんもご自愛くださいね。
      いつも温かいメッセージをありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました