ピクノジェノールの効果や選び方

ピクノジェノール婦人科系疾患
スポンサー検索

以前、子宮内膜症の改善方法の記事で、ピクノジェノールというサプリメントについて記載しました。

サプリ断捨離のために、ピクノジェノールはストップしていたのですが、もう一度飲もうかな~と思いました。生理痛、PMS、更年期障害?のようなほてり対策のために……。

自分用のメモのために、ピクノジェノールについて改めてまとめました。

自分自身の体感、友人からの口コミ、SNSでのやりとり、商品のレビュー……etcなどを参考に書いています。

その他の生理痛対策、子宮内膜症対策はこちらの記事にも。

 

 

ピクノジェノールの効果

ピクノジェノールというのは、「フランス海岸松(かいがんしょう)」という、フランスに自生する松から抽出されるもので、さまざまな効果が研究されている成分です。

 

代表的なのが、「抗酸化作用」。血管内の老廃物を取り除いてくれるのだとか。

また、「抗炎症作用」もあるので、身体の炎症を鎮めてくれる効果もあるのだそうです。

 

ピクノジェノールには、

  • 子宮内膜症
  • PMS
  • 生理痛
  • 更年期障害
  • ADHD(注意欠如・多動症)
  • 関節痛
  • 花粉症
  • 喘息

といった疾患に効果がある他、美肌・美容効果も期待できるのだとか。

 

私は子宮内膜症・生理痛対策にピクノを飲んでいましたが、それまでのたうち回るような痛みがあった生理痛が、そこまでひどくならず、鎮痛剤を1日目と2日目に1~2錠飲めば回復するようになりました。

最近、若年性更年期?のようなほてりがあるので、ピクノが効かないかな~と期待しています。自律神経がおかしいような気もしますが……。

 

ピクノジェノールの必要量

1日の必要量は、

  • 体重1kgにつき1mg
  • 1日に2回分けて飲むほうが吸収率が良い
    (例:体重50kgの人は、25mgを朝夕に分ける など)
    (ただし25mgというのはあまりないので、30mgとか厳密でなくても問題ない)

という説もあったり、

  • 1日100mg

という説もあったりしました。

 

私は1日100mgを飲んでいましたが、2回にわけても1回で100mgでも体感は変わらなかった気がします。

 

ピクノジェノールの副作用

私は副作用は何もなかったのですが、胃が痛くなる、という方もいらっしゃるそうです。

胃弱な友人や私は大丈夫でした。

ご心配な方は、最初は少ない内容量からはじめたほうが良いかもしれませんね。

 

ピクノジェノールの選び方

私はコスパの点でヘルシーオリジンズを愛用。

含有量は、30mg・100mg・150mgとあり、内容量は30・60・120カプセルとあります。

価格は30mgの60カプセルで1700円前後。

 

あとは超大手のNow社もピクノジェノールを出しています。

こちらは、30mg150カプセル、60mg50カプセル、100mg60カプセルなどがありました。

価格は30mgの60カプセルで2000円ほど。

ヘルシーオリジンズより若干高いのは、Nowのほうはシトラスバイオフラボノイドが配合されているからでしょうか。

 

私は、ヘルシーオリジンズの100mg・60カプセルをメインにリピート。たまにNowの30mg・60カプセルも浮気していますが、体感に差はありません。

 

あとは日本のDHCもピクノジェノールを出していますね。

Amazonで買ったほうが安いという(;´∀`) 1日2粒(2粒で60mg)60粒入りで2000円ちょっと。

同じ60mgのひと月分で、ヘルシーオリジンズは1700円前後だから、若干海外製のほうがオトクでしょうか。

AmazonやDHCの店頭で手軽に買えるのは良いのですが、ことサプリに関しては私は日本製をあまり信頼していないので……海外から買っています。

(日本製のものは9割が添加物、というサプリメントが多いそうです)

でもDHCの口コミも良さそうなので、手軽さならばこちらのほうかと!

 

まとめ

私の生理痛・PMS対策には、ボラージオイルを1日2粒飲むことが良いかも、と最近発見したのですが、さまざまな効果のあるピクノジェノールに浮気してみようかなと思います。

 

ボラージオイルは脂の摂りすぎ問題説もあったりしますし、合わない方もいらっしゃるかも。

 

また、コエンザイムQ10と一緒に飲むと良い、というレビューも発見したので、普段CoQ10を飲んでいる私はなおさらピクノは継続したほうが良いのかな~と。

 

長期間試してみての所感はまた更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました