ピクノジェノールの効果や選び方

ピクノジェノール婦人科系疾患
スポンサー検索

以前、子宮内膜症の改善方法の記事で、ピクノジェノールというサプリメントについて記載しました。

自分用のメモもかねて、ピクノジェノールについて改めてまとめました。

自分自身の体感、友人からの口コミ、SNSでのやりとり、商品のレビュー……etcなどを参考に書いています。

その他の生理痛対策、子宮内膜症対策はこちらの記事にも。

 

 

ピクノジェノールの効果

ピクノジェノールというのは、「フランス海岸松(かいがんしょう)」というフランスに自生する松から抽出されるもので、さまざまな効果が研究されている成分です。

 

代表的なのが、「抗酸化作用」。血管内の老廃物を取り除いてくれるのだとか。

また、「抗炎症作用」もあるので、身体の炎症を鎮めてくれる効果もあるのだそうです。

 

ピクノジェノールには、

  • 子宮内膜症
  • PMS
  • 生理痛
  • 更年期障害
  • ADHD(注意欠如・多動症)
  • 関節痛
  • 花粉症
  • 喘息

といった疾患に効果がある他、美肌・美容効果も期待できるのだとか。

 

私は子宮内膜症・生理痛対策にピクノを飲んでいましたが、それまでのたうち回るような痛みがあった生理痛がそこまでひどくならず、鎮痛剤を1日目と2日目に1~2錠飲めば回復するようになりました。

 

代表的な研究を記載しておきます。

月経困難症,子宮内膜症,肩関節周囲炎(五十肩),椎間板ヘルニアに対し,これまでの薬物療法
にない極めて良好な症状改善および治療効果が認められた。

ピクノジェノールの学会記事より

 

ピクノジェノールの必要量

1日の必要量は体質や疾患によって異なるようですが、いくつかの説をご紹介します。

 

  1. 体重1kgにつき1mg
    • 1日に2回分けて飲むほうが吸収率が良い
    • 例:体重50kgの人は、25mgを朝夕に分ける など
    • ただし25mgという半端な量の商品はあまりないので、30mgとか厳密でなくても問題ない
  2. 1日100mg
  3. 1日30mg(先に挙げたピクノジェノールの研究)

 

私は1日100mgを飲んでいましたが、2回にわけても1回で100mgでも体感は変わらなかった気がします。

iHerbというサプリメント販売サイトでは、100mgという量で販売しているメーカーが多いです。

 

ピクノジェノールの副作用

私は副作用は何もなかったのですが、胃が痛くなる、という方もいらっしゃるそうです。

胃弱な友人や私は大丈夫でした。

ご心配な方は、最初は少ない内容量からはじめたほうが良いかもしれません。

 

ピクノジェノールの選び方

私はコスパの点でヘルシーオリジンズを愛用していましたが、販売中止になり、現在はNowの製品に切り替えました。

こちらは、30mg150カプセル、60mg50カプセル、100mg60カプセルなどがあり、価格は60mgの50カプセルで3000円ほど(2021年8月当時)。

ピクノジェノール

もう少し容量少なめから試したい!という方は、Natural Factorsの25mgという製品もあります。

 

 

あとは日本のDHCもピクノジェノールを出していますね。

Amazonでは1日2粒(2粒で60mg)60粒入り=30日分で2000円前後。

ただ、オリーブオイルが主成分なのが気になります……。

AmazonやDHCの店頭で手軽に買えるのは良いのですが、ことサプリに関しては私は日本製をあまり信頼していないので、海外から買っています。

 

でもDHCの口コミも良さそうなので、手軽さならばこちらのほうかと!

 

ピクノジェノールとフランス海岸松樹皮エキス

「ピクノジェノール」というのは、実は商標登録されているもので、しかるべき製法で作られれています。

同じ成分で「フランス海岸松樹皮エキス(パインバーク)」というものもあり、商標登録されていないぶん、こちらのほうが安いです。

1粒100mg、60粒入りで1700円ほど。

 

「効果には差がないのでこちらで良い!」という意見が多いですが、中には「やっぱりピクノジェノールという名前が付いている製品のほうが効く」という意見、どちらもあります。

コスト重視ならパインパーク、コストかけてもいいから確実な効果を期待したいならピクノジェノール、でしょうか。

私も両方試したことがあるのですが、比較はしたことがないのでなんとも言えません。

 

まとめ

私の生理痛・PMS対策には、ボラージオイルも良かったのですが、ピクノジェノールもしっかり研究されているものなので、期待値は高いと思います。

(もちろん合わない方や効果のない方もいると思います)

また、コエンザイムQ10と一緒に飲むとお互いの効果が高まるので良い、というレビューも発見しました。

 

子宮の疾患がある方は、婦人科も受診して経過観察したうえで、試してみるのもよいのかなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました