副腎疲労には塩が良い!?

副腎疲労
スポンサー検索

毎日暑い日が続いていますね…。

私は、若干夏バテなのか、カンジダのダイオフなのかわかりませんが、食欲が落ちている日々が続いていました。

暑くて食欲がないと副腎疲労も悪化するような気配もあって。

コエンザイムQ10おかげか倦怠感はさほどひどくないのですが、お腹の調子があまり良くなかったです。

 

体調が悪くなったとき、せめてお腹の不調だけで留めたい!副腎疲労は悪化させたくない!と思っていて。

そんな中、「副腎疲労には塩が良い」という話を思い出し、朝コップ一杯の塩水を飲んだり、意識してナトリウムを摂取するようにしました。

これがちょっと、良いかもしれない。

何より塩はコスパがいいし、塩は胃酸の分泌にも必要だと言うし、手軽だし、利はあっても害はないだろうな、と思ってはじめました。

今回は副腎疲労で塩を摂りはじめた、というお話です。

 

 

副腎疲労には塩(ミネラル)が良い

副腎の回復にはなぜ塩が良いのか、は詳しい方のブログを参考にしていただければと思います(苦笑)私ではうまく説明できそうもなく(^^;)

 

友人や闘病仲間さんが「夕方に塩(やポテチなど塩が多めのお菓子)を摂ると、だるさなど副腎疲労の症状が軽減する」ということをおっしゃっていて、そのことは前々から気になっていました。

 

あ、そういえば……。

私もたまにおやつでせんべいやポテチ、とんがりコーンなどしょっぱいものを食べるんですが、以前は低血糖症を気にしてそういうものは食べなかったんですよね。

でも最近はあまり気にせず食べているのですが、たしかに楽になる気はするかも、と思いはじめるように。

 

ただ、毎日せんべいやポテチなど市販のお菓子をバクバク食べるのも良くないだろうと思い、違う方法を検討してみました。

 

そこではじめたのが、「朝にコップ一杯の塩水」と「塩タブレット」です。

 

朝に一杯の塩水を飲む

上記の栄養士さんのブログにも記載があるのですが、副腎の回復には朝に塩水を飲むと良いそうです。

 

この2カ月ほどの間に対応したクライアントには、食事でのナトリウム塩の摂取をやめ、天然塩としてのミネラル塩に変えてもらうことと同時に、毎朝コップ一杯の水またはぬるま湯にふたつまみほどのミネラル塩を入れ、起床後すぐに飲んでもらいました。

起床後は副腎がもっとも活発に働く時間帯なので、このタイミングでナトリウムを補強してあげると、副腎の回復を促進できる……ということを聞きました。

 

そこで、私も塩水をはじめてみました。

 

私は、毎朝小さじ1/2前後の塩をぬるま湯に溶かして飲むようにています(塩の量は自分が美味しいと感じる量で調整すると良いそうです)。

 

すると、なんとなく体感良い気がするんです。

午前中のだるさが減るというか。

たまに、朝食後「だるいわ~」と感じることがあるのですが、塩を飲みはじめてからそういうことが少なくなったような気がします。

 

あとは、夕方の副腎の機能が落ちてきていそうなときにも後述する塩タブレットを摂ることがあります。

 

塩に関する注意点

ただし、摂取する塩は精製されたものではなく「自然塩」でないとだめだそうで。

精製されているとミネラルなどの栄養分もなくなってしまっているとか。

天然塩はナトリウムだけでなく、マグネシウムなどのミネラルも摂れるとのこと。

私が今飲んでいるのはこちらの「球美の塩」です。さらさらのパウダー状で水によく溶け、ミネラルが多いということで購入しました。

塩水にする塩は、普通のものよりもサラサラの微粒子タイプ(?)が良いかもしれません。

 

その前は、こちらの「まぐねしお」を愛用。名前の通り、マグネシウムの含有量が多いそうです。こちらもサラサラタイプ。

 

あとはよくお店で見かける「ぬちまーす」も良いとか。

 

また、料理に使う塩も、岩塩など天然の塩に変えてみました。

このヒマラヤ岩塩をミルで砕いて料理に使っています。

 

塩は比較的スーパーでも手に入りやすいで手軽にはじめられるかと思います~!

ぜひお気に入りの塩を見つけてください~

 

ちなみに、中には「にがりがたくさん含まれています」という謳い文句の製品もありますが、にがりは賛否両論なので、私はちょっと避けています。

(もう何事も賛否両論なので、ここは自分の信じる道を選択するのが後悔はない気がします…)

 

岩塩タブレット

もうひとつコスパが良いので自分の中のヒット商品が、「ヒマラヤ岩塩タブレット」です。

まるでミンティアのような形状なのですが、塩です。

舐めるととってもしょっぱいです。

 

これ、とっても手軽に塩分が摂れるんですよ。

塩水を飲むのが面倒なとき、午後の外出のとき。

携帯できるので外出時良いですし、家でも朝に「塩水めんどくさいな」って思ったときに摂っています(塩水くらい作れよという感じですが(^^;))

 

50錠入っていて、2018/07/27現在410円とコスパも抜群です。1日1錠だとしたら50日もちます\(^o^)/

これは店舗では見ないので、Amazonで買っています。

 

あと、夏の時期は熱中症対策にも良いと思います!

副腎疲労の方も、熱中症対策とか、ダイオフ・デトックス対策にと水をたくさん飲まれる方もいらっしゃるかと思いますが、水を摂れば摂るほど体内の塩分濃度は薄まるわけで……。

水をたくさん摂ったときは塩分も摂取したほうが良いそうです。

 

副腎疲労とカリウム(果物)

ここからは余談なのですが……。

副腎疲労の方は「カリウムを多く含む食べ物(特にフルーツ)はあまり食べないほうが良い」という話もよく耳にします。

カリウムはナトリウムを排泄してしまうからという理由もあるし、果糖がカンジダのエサになって良くない、とかなんとか……。

 

ただ、私はけっこう果物を食べてしまうんですよね~。主に朝、食欲が上がらないときとか。

果物は朝のお腹に優しいんです、私の場合。

特にりんごは週1くらいで食べますし、栄養分の多さからキウイ、腹持ち・手軽さからバナナなんかも食べちゃうことがあります。

一時期はドライフルーツにもハマっていました。

 

以前はカンジダ対策のためにも完全にフルーツ類は避けていたのですが、避けていたときと、摂取している今と、体調が変わらないので……。

毎日ではないですが、「あんまり食欲ない」という朝などは果物を食べています。

 

あとは、季節の果物……夏だと、梨とかスイカとか、そういうものもその季節を楽しむために美味しくいただくことがあります。

 

ただ、やはり「果物食べると調子が悪い」という人もいるわけで……。

この辺りは自分の身体と要相談かと思いますが、私は「果物ダメ!絶対!」という意見ではなく、「まずはYOU試してみちゃいなよ」と思っています(笑)

 

私は、長いこと食事制限をしてきました。

でも結局、大して体調が変わらないような感じで。

「せっかく夏に美味しいスイカを家族と食べようという話になってるのに、自分だけ食べない」ということも、ありました。

でも、「食べたいのに食べられない」、そういうストレスって、食べちゃうことの弊害よりも良くない気がしていて。

やっぱり食べものって楽しみながら食べるべきなんじゃないのかな~と思うようになりました。

 

栄養療法は食事制限がかなり厳しいですが、いろいろやって私の最終結論は、「自分の身体と相談しながら、バランスよく食べる」(たとえ悪いと言われているものでも、自分の体調が大丈夫であれば食べちゃえ)というものです。

 

こういう話をTwitterですると、長年の闘病仲間さんにも賛同していただけたりして(もちろん反対意見もあるかと思いますが)、ああやっぱりみなさん同じように食事制限のストレスを抱えていたのかな~なんて思います。

 

……話が逸れましたが、

「副腎疲労には果物なんて絶対いかん」と自分の首を締めてストレスを抱えるよりも、食べたい気持ちがあるなら食べてみてもいいんじゃないかな、と個人的に思います。

 

まとめ

以上、塩の摂取についてお話しました。

他にもiHerbの液体マグネシウムを普段飲む水に1滴入れたりしています。

夏の時期はとくに水をたくさん摂ってナトリウム濃度が薄められてしまうので、意識して塩分を摂るようにすると良い気がしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました